プロミス勤務先連絡なし

30日間利息ゼロのプロミスで即日融資

プロミス勤務先連絡なし

プロミスでは30日間利息ゼロのサービスを提供しています。

 

初めてキャッシング即日融資を受けられる方は、1か月分の利息をお支払いしなくて済みます。

 

他の消費者金融でも無利息サービスはありますが契約してから30日間が多いです。

 

プロミス

 

ポイント

 

プロミス良いです

 

プロミスなら初回ご利用から30日間なので、契約日に関わらずに30日間無利息になってお得です。

 

30日間の無利息期間が過ぎれば通常利息に戻るだけなので気軽にご利用することが出来ます。

 

その代わり無利息期間でも返済期日に遅れてしまうと遅延損害金が発生しかねないので、返済のお約束はきちんと守ることが大切です。

 

プロミスでキャッシング即日融資を受けた後の返済方法は口座から自動引落しが便利です。

 

返済期日が来れば自動で引き落としされますので、返済期日を忘れていて遅延してしまう心配が無いです。

 

口座からの自動引き落としは予め金融機関の口座を登録することが必要です。

 

プロミス会員サービスにログイン後、返済メニューから口フリをクリックし、金融機関を選択するだけで登録完了です。

 

ただし口座に残高が不足していると自動で引き落としが出来ないです。

 

 

 

返済期日までにきちんと入金しておくことが必要ですが、お給料が振り込まれている口座を登録しておけば残高不足が生じる心配が無いです。

申し込み当日中に出金できる契約方法

キャッシング即日融資のポイント出金の方法です。

 

現在のキャッシング審査はとてもスピーディーになっているので、時間がかかってしまうのは申し込み情報や書類の送付、
そしてカードの受け取りの過程です。

 

この部分を即座に済ませられる方法で契約すれば、キャッシング即日融資も簡単に実現できます。

 

 

インターネット上で契約し振込キャッシングを使う

 

 

契約後すぐにキャッシングを利用するために、カードではなく振込キャッシングを使うというのもひとつの方法です。

 

金融機関との提携やネットバンキングの利用によって、午後の早い時間帯の手続きならば当日中に口座への振込が完了するようになりました。

 

インターネット上で申し込み、契約後にメールでIDやパスワードを受け取って自分で振込手続きをするほか、

 

電話で振込を依頼する方法をとれるキャッシングもあります。カードは後日郵送されてきます。

 

 

カードを直接受け取れる契約方法をえらぶ

 

 

カードの郵送を待てないので、自分から受け取りに行くという方法もあります。

 

店頭契約や無人契約機を使って契約すれば、すぐにカードを受け取れます。

 

たいてい専用ATMがそばに設置してあるのでそこからカードを使って出金すれば即日融資は完了です。

 

振込キャッシングにくらべてより遅い時間帯の申し込みでも当日出金できる可能性のある方法です。

迅速で丁寧な対応に金融のイメージがアップ

アルバイトしながら大学生をしていた頃、留年により以降1年間の学費を一括で支払う必要がでてきました。

 

親からは留年分の学費は出せないと言われ、やむなく即日融資可能なプロミスでのキャッシングを利用しました。

 

 

自動契約機での手続きでしたが、中に入るとドアがロックされ、万が一他の方が来店されたとしても顔を見られる心配がありません。

 

 

画面にそって個人情報を入力し、運転免許証をスキャンしたところで内線電話がなります。

 

 

自動契約機で担当者と話をするとは思っていなかったので、かなり戸惑いましたが、

 

電話の向こうは優しい女性の声でホッとしたのを覚えています。

 

 

申込書類提出時お金の使用目的を簡単に記載しましたが、それについて追求されることも否定されることもなく、

 

また、職場と自宅への在籍確認と審査もすぐに終わりました。

 

 

終了後はすぐにカードが発行され、ドアの外にあるATMで即日融資となりました。

 

 

キャッシングに対して今まではよいイメージがなく、体験するまでは怖さと後ろめたさで一杯でした。

 

 

借りた後も自宅や職場へ連絡がくることもなく、返済後に追加融資の案内のようなものも一切来ていません。

 

 

その場限りといえば淡白で冷たく感じるかもしれませんが、十分満足できる対応であったと私は思います。

スムーズに審査を済ませるために

キャッシング即日融資を可能にするための前提条件はスムーズに審査に通ることです。

 

審査に落とされてしまう場合はもちろん、在籍確認などが必要と判断されると審査結果の通知は翌日以降に持ち越されてしまうこともあります。

 

 

キャッシング即日融資のためには、次のようなことに気をつけておく必要があります。

 

他社との取引

 

申し込みをした時点で他社との取引がある場合、審査が長引く原因になります。

 

取引残高などにもよりますが、収入と借入のバランスが悪いと念のために在籍確認が必要と判断されてしまう可能性があります。

 

借入残高は少なめ、取引先の数も少ないほど審査は早く済みます。

 

即日融資をいつでも利用できるようにするには、普段から借り入れの整理をしておくべきです。

 

 

返済や電話料金の延滞

 

こちらも審査に引っかかる大きな原因のひとつです。

 

 

延滞状態にあると審査が厳しくなるうえ、審査落ちになる可能性もかなり高まります。

 

他社借入の返済の遅れにくわえて、見落としやすいのが電話料金の延滞です。

 

 

電話料金にスマートフォンなどの分割払い料金が含まれているケースでは、

 

電話料金を延滞するとローンを延滞している扱いになり信用に傷がつくことがあります。

 

 

電話料金の延滞にはくれぐれも気をつけましょう。

即日融資を可能にする書類提出方法とは?

キャッシング即日融資に欠かせないのが、その日のうちに必要書類をキャッシング会社に届けることです。

 

書類を郵送していては即日融資は到底不可能です。

 

キャッシング即日融資が可能になったのは、瞬時に必要書類を提出する手段が登場したからなのです。

 

インターネットを利用した送信

 

現在主流となっている提出方法がインターネットを使った送信です。

 

スキャナやカメラを使って本人確認書類や収入証明書を画像データ化し、インターネットで送信します。

 

一瞬で提出が完了するため、即日融資には欠かせない手段になっています。

 

スマートフォンの場合は各社が専用アプリを開発しており、より簡単に送信を済ませることができるようになっています。

 

店頭窓口や自動契約機への持参

 

パソコンやスマートフォンの操作が苦手という方でも簡単に書類提出を済ませられる方法があります。

 

それは店頭窓口や自動契約機へ書類を持参して契約する方法です。

 

店頭窓口では直接スタッフ手渡せますし、自動契約機はガイドに従って必要書類のスキャンをすれば良いだけです。

 

周囲に店頭窓口や自動契約機があるという条件付きではありますが、こちらも素早く書類提出が完了します。

 

カードをすぐに受け取ることもできるので、即日融資とはとても相性の良い方法です。